未分類

知ってますか?AGAにはたった2つの原因しかありません!

AGAに悩まされている方の中には、「一体何が原因でAGAになってしまったのか」と悩んでいる方も多いでしょう。

実際、インターネットなどで、AGAの原因について調べてみると、と様々な要素が見つかります。しかし、厳密に男性型脱毛症(AGA)をひとつの症状として考えた場合、実はその原因は非常に限られます。インターネットでよくAGAの原因として紹介されているものは、AGAとは直接のつながりがなく、間接的なつながりがあったり、AGA以外の脱毛症の原因になっていたりするだけのものばかりです。

そこで今回は、直接的にAGAの原因となる要素は何なのかということや、AGA以外の脱毛症の原因となる要素についてお伝えします。

続きを読む

AGAの治療方法とその効果とは?メカニズムから解説!

薄毛で悩んでいる方の中には、AGAというものに対しての知識がほとんどなく、「ハゲるのは仕方がないもの」と半ば諦めている人もいるかもしれません。

実際、中高年の男性の頭髪を注意深く観察してみると、半数近い方が薄毛の状態であることがわかります。もしAGAが風邪のように治療することが可能な病気なのであれば、これだけ多くの方が薄毛になっているのはおかしい気もしますよね。

しかし、現代は高確率でAGAを治療することができる技術が確立しています。中高年の方で薄毛が進行しているのは、その事実を知らずにいるというだけです。90%以上の男性の薄毛は、治療することが可能なのです。今回の記事では、AGA治療というものについて、その歴史やメカニズムを解説させていただきます。

続きを読む

AGAの治療費はどのくらい?クリニックごとの費用を調査!

AGAを治療するためには、治療費が必要になります。

「お金をかけずに、マッサージなどの民間療法だけで治したい」と思っている方もいるかもしれませんが、残念ながらマッサージだけではAGAを治療することはできません。「治療」という言葉に現れているように、AGA治療は医療行為です。そのため、病院に通ったり、医薬品を使用したりする必要があります。例えば、風邪をひいた時、病院に行きますよね。それと同じです。

風邪であれば、病院に行かなくても自然と治る事はありますが、AGAの場合、自然と治ることは100%ありません。悪化の一途をたどりますので、使用する場合は必ず何らかの医療行為を行わなければいけないということです。そのためにはどうしても治療が必要になります。

続きを読む

AGAをセルフ診断する方法とAGAだった場合の対策

AGAは、男性型脱毛症の略であり、男性の薄毛のほとんどの原因を占めています。しかし、一部の薄毛はAGAではなく、別の種類の脱毛症である可能性があります。

AGAの原因は、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンと、アンドロゲンレセプターというホルモン受容体の感受性によるものです。しかし、AGA以外の脱毛症については、その原因が免疫であったり、皮脂であったり環境であったりと様々です。

たくさんの種類がある脱毛症は、それぞれ原因が異なり、治療方法もまたそれぞれ異なります。そのように考えると、単純に「髪の毛が薄くなってきた」からといって、すべてがすべてをAGAだと捉え、AGAに効果のある治療薬を使用しても、効果がない場合があります。

AGA以外の脱毛症が原因で薄毛になっている場合は、AGA治療薬では薄毛は改善されません。つまり、まず、「自分がAGAなのか、AGA以外の何らかの脱毛症なのか」を見極めなければならないということです。そこで、今回の記事では、AGAを診断する方法をお伝えします。

続きを読む

費用を抑える!ミノキシジルのジェネリック医薬品について

ミノキシジルは、もともとアメリカのアップジョン社という企業によって開発された発毛薬です。なんと、当初は発毛薬ではなく高血圧症の治療薬として開発されていたという経緯があるから驚きです。

高血圧症の治療薬として研究していたところ、ある副作用が発現したのです。それは、『発毛』という副作用でした。高血圧症の治療薬として作っていたところ、血圧を下げるという期待された働き以外の作用が現れると、それは副作用に分類されてしまいます。

けれど、そこで視点を変えて、副作用ではなく、発毛効果としてとらえ、発毛薬の開発へと切り替えたのでした。その結果、ミノキシジルは、発毛薬として世界中に普及していくことになったのです。

そんなミノキシジルは、現在では日本国内でも販売されています。日本国内での製造と販売は、大正製薬株式会社が担っています。海外での販売名称は、Rogaine(ロゲイン)ですが、日本国内ではリアップという名前での販売となっています。

このミノキシジルという発毛薬は、男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療にとても効果的な発毛薬のひとつです。実際、日本皮膚科学会で2010年に作成された男性型脱毛症の診療ガイドラインにおいて、男性型脱毛症の治療薬の第一選択としてあげられています。男女共にです。

しかしながら、ミノキシジルはとても有効な発毛薬なのですが、その発毛効果を認めるまでには数十ヶ月以上という長期間にわたって使い続けなければならないという特徴があります。しかも、困ったことに多くの場合において、ミノキシジルの効果によって脱毛症が一旦治ったとしても、その使用を中断してしまうと、せっかく生えてきた毛髪部分に、再び脱毛症が再発してしまうという特性もあります。したがって、ミノキシジルを継続的にずっと使い続けなければならないのです。

さて、安価な医薬品といえば、ジェネリック医薬品をあげることが出来ます。長期にわたって使用し続けなければならないミノキシジルの費用を抑えるために、ミノキシジルとジェネリック医薬品についてまとめてみました。

続きを読む

プロペシアのジェネリック:通販で購入する際の注意点

プロペシアというと、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として知られていますが、日本での特許は2015年に切れているので、製薬会社各社から後発医薬品であるジェネリックが発売されています。

プロペシアのジェネリックにはプロペシアと同じ効果が期待できるのでしょうか。また、海外製のプロペシアのジェネリックを購入するメリットや、購入する際には、どのようなことに気をつけたらよいのかについても紹介します。

続きを読む

AGAに保険が利かない!?医療費控除制度なら適応可能!

AGAを治療するための費用は、クリニックに通院して使用する場合も、個人輸入で薬を購入して治療する場合も、馬鹿にならないほど高額な費用が必要になります。

しかも、AGAはそのメカニズム上、半永久的に治療を続けなければなりません。ということは、極端な話その高額な治療費を死ぬまで払い続けなければならないということになるのです。

しかし、AGAクリニックも病院の皮膚科も、どちらも医師免許持った医師が経営している病院です。ということは、保険が適用されるのではないかと考えてしまいますが、実はAGAに関して一般的な保険は適用されません。

今回はなぜAGAに保険が適用されないのかという理由や、例外的に保険が適用されるケース、そしてAGA治療の費用を少しでも安くするために知っておきたい医療費控除の制度について説明させていただきます。

続きを読む

AGAの病院はどんな種類がありどんな治療をしてくれるのか?

2005年から現在までの間に、AGA専門の病院である、AGAクリニックの数は一気に増加しました。AGAクリニックが多く存在するのは、競争が激しい東京都内や大阪市内などといった都心部が中心ですが、最近は地方都市でも、

大型のAGAクリニックが開院したり、地元の病院が、AGA外来を設けたりするようになりました。育毛剤やAGA治療薬を個人輸入代行の代理店を利用して購入し、使用するだけであれば自宅でもAGAを治療することができますが、AGAクリニックという専門機関で診察を受け、短期間でAGAを治療しようと考えた場合、やはり外部の施設に頼らざるを得ません。

今回の記事では、AGAクリニックはどのような場所なのかということや、そこで行われる治療内容や費用、選び方などについてお伝えしていきます。

続きを読む

プロペシアの効果について教えて!他の治療薬との違いは?

プロペシアは、男性型脱毛症の治療に使われている、比較的ポピュラーな医薬品です。今回の記事では、そんなプロペシアの効果について紹介したいと思います。

また、育毛剤とプロペシアなどの発毛剤との違いや、ほかの発毛剤との違いなどについても、簡単に分かりやすく解説していきます。

続きを読む

ミノキシジルってどれくらいするの?ミノキシジルの値段について

ミノキシジルは、脱毛症の治療薬として優れた効果を持つ薬剤です。もともとは、アメリカにおいてアップジョン社という会社によって数十年前に開発された薬です。

当時は、脱毛症の治療薬ではなく、高血圧症の治療薬として作られました。なお、アップジョン社は今はなくなり、ファイザー製薬となっています。

高血圧症の治療薬として開発していたところ、毛髪が増えてくるという副作用が認められ、この結果を元に脱毛症の治療薬として開発されたという経緯がありました。現在では、世界的にも普及しており、発毛薬の代表的存在といえます。

高血圧症の治療薬として開発されていたため、当初は飲み薬タイプ(内服薬といいます)のミノキシジルもありましたが、飲み薬タイプでの副作用が多く認められたことから、現在では塗り薬タイプ(外用薬といいます)のミノキシジルのみとなっています。

我が国では、大正製薬がリアップという名称で発売しています。ちなみに、海外ではRogaien(ロゲイン)という名称で販売されているようです。ですので、世界ではリアップではなくロゲインとして知られています。リアップもまた、塗り薬タイプのみとなっています。

リアップは、大衆薬に分類される発毛薬です。医師の処方箋を得ることがなくても、ドラッグストアで購入することが出来ます。リアップは、濃度や性状、配合薬の違い、男性用もしくは女性用などにより、国内においては数種類発売されています。ロゲインは国内では販売されていません。ロゲインを使用したい場合は、海外からの個人輸入になります。ですので、リアップの方が購入しやすいといえます。

そんなリアップの気になる値段ですが、やはり製品の種類ごとにそれぞれ異なってきます。そこで、リアップの値段についてまとめてみました。

続きを読む